Virus Killerは除菌ではなく殺菌と抗菌

本日は当店で使用しているVirus Killerについて説明さしていただきます。

Virus Killerは除菌ではなく殺菌と抗菌ができます。

除菌とは

菌をなくすと思われがちですが、あくまでも菌を取り除くことをさします。よく耳にするアルコール除菌はあくまでも、アルコールの揮発性を利用して菌を浮かし、取り除くことを目的としているので、菌は70%しかとれないと言われています。

 

殺菌とは

殺菌とは菌を破壊することを指します。ですが薬剤の活性率が低く、菌を殺菌して中和、あるいは揮発してしまうとその効力がなくなってしまいます。殺菌剤として耳にする「次亜塩素酸ナトリウム」も菌に反応し中和され水になってしまうと。菌に対する効力は失われてしまいます。

 

抗菌は何がちがうのか

上記の通り除菌と殺菌は菌に対して効果はあるものの、持続的な効力はありません。抗菌剤にはその素材自体が菌やウイルスに対する抵抗力があり、それらの発生、発育、増殖に抑制する効果があります。

「Virus Killer」は殺菌と抗菌の効果を併せ持った性質を持ち、洗い流して取れない限り殺菌し続け、長時間にわたり菌やウイルスが住みにくい環境を維持します。

是非コロナ対策としてお試しください!